未分類」カテゴリーアーカイブ

年賀状デザインのお知らせ〜デザイン年賀状〜

おたより本舗 年賀状印刷.comさんにて、今年もあみぐるみ年賀状をデザインさせて頂きました。

2020年はねずみ年。

白ねずみ、ハリネズミ、ねずみダルマなど、年賀状用にいろいろなねずみを編んでみました。

まずは、デザイン年賀状。

中段右側と下段は、私が作ったあみぐるみをおたより本舗 年賀状印刷.comさんがステキな年賀状にデザインしてくださいました。

ちなみに、小さなおにぎりは、本当に握ってくださったそうです!

そして、復活した人気カテゴリの「にゃんとも年賀状」と新カテゴリの「日本縦断ねんが状」。

「にゃんとも年賀状」は「ねこ年」があったらいいのに、という猫好きさんの声にお応えして復活したカテゴリです。

かわいい猫年賀状が揃っていますので、ぜひのぞいてみてくださいね。

「日本縦断ねんが状」は47都道府県のご当地年賀状をそれぞれの作家が思いこめて作成したもの。

私は「福島県」を担当させて頂きました。

福島県には子どもの頃旅行に連れていってもらって、丸かじりした桃の美味しさに感動した思い出や、安達太良山へのドライブ、家族でハワイアンズに遊びに行ったりと、楽しい記憶がたくさんあります。

一方、2011年の原発事故の翌年と、2015年に福島を訪れた際、膨大な量の除染廃棄物を目にして、とても大きなショックと、悲しみと、やるせなさと、さまざまな気持ちが渦巻いたことを今でも生々しく思い出します。

事故から8年が経過して、県民の皆さんの努力や、国や自治体のサポートによってだいぶ復興してきてはいますが、福島に住む人達が本当に安心して生活していけるようになるためには、まだまだ解決しなければならない問題や、みんなで考えなければならないことがあるのではないか、そして、何より自然豊かで、美味しいものがたくさんあって、魅力溢れる福島県の復興がもっともっと進むように、少しでもエールを送れたら、そんな気持ちで担当させて頂きました。

また、大型台風によって福島県でも大きな水害があり、被害にあったり、犠牲になってしまった方もいらっしゃいました。

今年、大変で辛い経験をなさった方も多いかと思いますが、来年こそは、笑顔や幸多き一年になることを願って、そんな思いのこもった1枚です。

他にも47都道府県、さまざまな作家の個性溢れる年賀状が集まっていますので、今お住まいの県や故郷、好きな県、訪れてみたい県などなど、ぜひ気になるご当地デザインをチェックしてみてくださいね。

お便り本舗 年賀状印刷.comさんは、年賀状印刷のネット通販において、3年連続全国1位という大変信頼と実績のある印刷屋さんです。

さまざまな好みにお応えできるよう、選べるデザインはなんと1100種類!

なんと宛名印刷も無料なのです!

さらに、はがきの持ち込みも無料。

投函までしてくれるという親切さ(◎o◎)!

さらに、さらに、年賀はがき1枚58円、感謝特割最大42%OFF、1500名に総額1000万円プレゼントキャンペーンなどでとてもお得になっていますよ。

全国どこでも送料無料!

自宅で印刷すると、インクジェット代や手間がかかったり、キレイに印刷できなかったという経験はありませんか?

年賀状印刷はコストがかかると思っていらっしゃる方、私もそうでしたが、インク代などを含めて計算してみるとビックリするくらいコストパフォーマンスが良く、仕上がりもとてもキレイなので、ぜひお試し下さいね♪

おたより本舗 年賀状印刷.com

掲載本のお知らせ「大きな編み図で見やすい かわいいあみぐるみたち」

掲載本のお知らせです。

ブティック社さんから出版された「大きな編み図で見やすい かわいいあみぐるみたち」に作品を掲載して頂きました。

この本の特徴はなんといっても編み図が大きくて見やすい上に、カラーで解説がついていること。

初心者さんにも作りやすいものから、モチーフをつないで作る作品まで、幅広い作品が掲載されています。

来年の干支であるねずみや、最近人気のゆめかわなあみぐるみもありますよ♡

私はペンギン親子とカラフルマトリョーシカをデザイン&製作させて頂きました。

秋の夜長にぜひいろいろ編んでみてくださいね♪

掲載本のお知らせ「お揃いで作りたい 手編みのわんこ服」

秋になり、ニット関係の本も出版ラッシュ。

秋冬の毛糸も出そろい、編み物シーズン到来ですね。

日本文芸社さんから出版された「お揃いで作りたい 手編みのわんこ服」に作品を掲載して頂きました。

こちらは、ワンちゃんのお洋服と飼い主さんがリンクコーデ出来るようになっている作品集です。

例えばワンちゃんのお洋服とお揃いの模様のハンドウォーマーやお帽子、ネックウォーマーなど。

お散歩をはじめ、ワンちゃんとの時間が楽しくなるセンスの良いアイテムがたくさん掲載されています。

サイズ補正の方法も丁寧に説明されているので、愛犬とのリンクコーデをぜひ楽しんでくださいね。

私はワンちゃんベッドとお揃いのフロアクッションをデザイン&製作させて頂きました。

ワンちゃんと一緒にインテリアを楽しんで頂けたら嬉しいです。

そして、この本ではレッスンにお越しくださっている生徒さんが飼っているワンちゃんにモデルとしてご協力頂きました。

もう、本当に可愛すぎです♡

表紙のワンちゃんは生徒さんのお友達のワンちゃん♡

暑い中、ご協力ありがとうございました!

掲載本のお知らせ「考える力を育てる はじめてのゆびあみ」

掲載本のお知らせです。

日本ヴォーグ社さんから出版された「考える力を育てるはじめてのゆびあみ」に作品を掲載して頂きました。

編み針が使えないお子さんでも、指で編んでマフラーやスヌード、シュシュなどのかわいい小物が作れる本です。

私は表紙のボンボンマフラー、三つ編みマフラー、ファーのティペット、クリスマスリース、ハロウィンリース、注連飾りを製作させて頂きました。

道具を使わずにできる「ゆびあみ」は、ゆび先を動かすことで脳への刺激もあり、こどもの思考力を育むことが期待されています。

秋の夜長にお子さんとぜひあったかニット作りを楽しんでみてくださいね♪

掲載本のお知らせ「大好き エコたわし」

掲載本のお知らせです。

日本ヴォーグ社さんから出版された「大好き エコタワシ」に作品を掲載して頂きました。

アクリル100%の毛糸で編んで作るエコタワシ。

食器洗いなどの水まわりはもちろん、キッチン、洗面所、バスルーム、リビング、玄関、オフィスのデスクまわりまで、家中の掃除に使えるアイテムが掲載されています。

私は「カップケーキ」、「アヒルちゃん」、「オレンジ・ライム・レモン」、「ワッフルと目玉焼き」をデザイン&製作させて頂きました。

我が家ではエコタワシはなくてはならないお掃除アイテム。

お鍋の焦げ付きや、お風呂の浴槽など、洗剤がなくてもきれいに落ちるので、ぜひ試してみてくださいね。

第3刷ありがとうございます!

日本文芸社さんから2冊の本が届きました。

どちらも第3刷の見本誌です。

「着せかえあみぐるみDOLL」の編集とデザインを担当してくださったのが、「かぎ針で編むモチーフデザインBOOK」の編者ハレーションズのお二人でした。

編集の武智さんは、本の構成や読者の方にどうしたら分かりやすく伝わるか、プロセスの作成や編み図・テキストのチェックなど、隅々まで目を光らせながら各ページを作成していき、デザイナーの伊藤さんは表紙や扉絵などの作成、作品紹介ページに描かれているかわいいイラスト、編み図のトレースなど、各ページをステキに彩ってくださいました。

私は掲載作品をそれぞれ1つずつ作成していますが、デザイナーさんは表紙1つとっても、短期間でいくつものデザイン案を作らなければならず、せっかく作っても日の目を見ないまま消えてしまったものがいくつもあります。

なにより、私が編み図やテキストを作成して送信し、そこから編集さんとデザイナーさんがチェックやトレースをしてくださるので、入稿間近の時期などは、お二人の作業が夜中の2時3時になることもざらにあり・・・。

それでも、全くいやな顔をせずに、あたたかく励ましてくださって、ようやく出来上がった1冊。

表には私の名前を掲載して頂いていますが、同じくらい、もしくはそれ以上にハレーションズのお二人が力を注いで作ってくださった本なので、この2冊が同時期に3刷になったことは、本当に嬉しく、感無量です。

「かぎ針で編むモチーフデザインBOOK」はお二人のセンスの良さが随所ににじみ出ている、新しいタイプのモチーフの作品集になっていますので、「着せかえあみぐるみDOLL」と併せて、手に取って頂けたら嬉しいです。

掲載本のお知らせ「エコアンダリヤの帽子: 23番糸で編むナチュラルカラーの37作品」

掲載本のお知らせです。

誠文堂新光社さんから出版された「エコアンダリヤの帽子: 23番糸で編むナチュラルカラーの37作品」に作品を掲載して頂きました。

こちらは、ハマナカさんの大人気の夏糸「エコアンダリヤの23番糸」を使用した帽子とヘアアクセサリーの本です。

私は模様編みのヘアバンド、ポニーフック3種類、くるみボタンのヘアゴム(大、小)、カンカン帽のヘアゴム、ワイドブリム帽をデザイン&製作させて頂きました。

大人サイズの帽子だけでなく、お子さんとリンクコーデを楽しめる帽子やヘアアクセサリー、かわいい子ども用の帽子など盛りだくさんの内容になっています。

これからの季節にピッタリのエコアンダリヤ。

カラー豊富なので、お気に入りの色でアレンジして編むのもオススメです。

昨年発売された姉妹本「エコアンダリヤのかごバッグ: 23番糸で編むナチュラルカラーの30作品」と併せてぜひご覧ください。

掲載本のお知らせ「エコアンダリヤで作る シンプルな服に合う マルシェバッグ」

掲載本のお知らせです。

日本文芸社さんから出版された「エコアンダリヤで作る シンプルな服に合う マルシェバッグ」に作品を掲載して頂きました。

この本は、大人気の夏糸「エコアンダリヤ」を使って、いつもとはひと味違うマルシェバッグを作る本になっています。

私は2トーン&2Wayバッグとモロッコ風バッグをデザイン&製作させて頂きました。

ネットやレザー底、その他さまざまな素材と組み合わせて、大人のシンプルコーディネートに似合うバッグがたくさん掲載されていますので、ぜひご覧くださいませ。

掲載本のお知らせ「オーガニックコットンで編む 赤ちゃんニット」

気づけば4月も半ば。

今年は2人の娘がそれぞれに卒業・入学を迎え、例年にない慌ただしい春となりました。

入学式も無事に終わり、少しずつ日常のペースを取り戻しつつあります。

さて、掲載本のお知らせです。

朝日新聞出版さんから出版された「オーガニックコットンで編む 赤ちゃんニット」に作品を掲載して頂きました。

私は1月のハマナカさんの内見会の記事でも紹介させて頂いた、ダイヤ柄のブランケットとバッグ、果物のガラガラを作成させて頂きました。

ベビー〜2歳までの小物からウェアまで、センスの良い作品がたくさん掲載されています。

お子さんに、お孫さんに、贈り物に、ぜひ編んで見て下さいね。

新しくポームシリーズに加わったポームリリー(フルーツ初め)はリリアン構造で糸が割れず、とても編みやすいので本当にオススメです!

「ヘアスタイルも変えられる 着せかえあみぐるみDOLL」 重版ありがとうございます

「ヘアスタイルも変えられる 着せかえあみぐるみDOLL」が発売してはや3週間。

おかげさまで重版が決定しました!

たくさんの方に手に取って頂けたこと、とても嬉しく、心より感謝申し上げます。

今回は、撮影にまつわるお話を少し。

この本はカメラマンの島根道昌さんと天野憲仁さんのお二人が撮影してくださりました。

私自身もあみぐるみの写真はこれまで数多く自分で撮ってきましたし、年賀状やポスターの仕事もしていたので、正直なところ、そのあみぐるみの一番かわいい角度や写真の映り方は作者である自分が一番分かっていると思っていました。

けれども、今回スポットライトを浴びて、撮影に臨んだアミリーやマコ、マロン達がお二人によって、可愛さが何倍にも引き出されて、イキイキとしているのを目の当たりにして、さすがのプロのテクニックに感嘆しきり。

白を背景に白いモノを撮影するときの繊細な光のコントロール、あみぐるみDOLLをモノとして撮るのではなく、まるで生身の人間のように扱ってくださったり、コーディネートシーンに合わせてさまざまな形で照明を調整して場面に臨場感を出してくださったり。

静粛な美術館、甘酸っぱい気持ちになるような夕暮れの図書館、スポットライトに照らされて緊張が伝わるようなピアノの発表会などなど、それぞれのページにまるで写真集のようにストーリーが詰まっているのがこの本の大きな魅力になっています。

私が特に気に入っているのは、マコとマロンの海水浴のページ。

風にたなびく髪の毛、夏のまぶしい日差しをうけた二人の爽やかな姿は、まるで清涼飲料水のCMのようで、思わず笑ってしまうほどの臨場感です。

島根さんは主にPart1・Part2のアミリー達のコーディネートシーンを、天野さんはPart3のプロセスを撮影してくださりました。

冬のシーンと夏のシーンの影の出方の違いなど、ぜひ照明テクニックにも注目してご覧くださいね。